MENU

申込み履歴には要注意です

一般に、金融機関は個人信用情報機関(CICやJICC)のうち、2、3の機関に加盟しており、審査では必ずこの個人信用情報機関に利用者のクレジット情報を参照します。

 

そのため、クレジット情報に問題があると、審査に落とされる理由になるので注意が必要です。

 

クレジットカードやカードローンなどに申込みをすると、個人信用情報に申込みの記録が残ります。

 

この記録は、その名の通り、申込みをしたという記録なので、延滞や事故がある場合とは違い、審査で不利になるようなことは基本的にはありません。

 

しかし、短期間に何度もクレジットカードやローンに申込みをしている記録があると、金融機関側は、「この人はよほどお金に困っているのかな」とか、「他の金融機関の審査に通らない理由があるのかな」などと警戒されて審査に通らなくなることがあります。

 

この申込みの記録が保存されるのは、およそ6ヶ月なので、6ヶ月が経過すれば金融機関はその情報を調べようがなくなり、審査には影響しなくなります。

 

セゾンカードではクレジット情報はどの程度影響する?

 

セゾンカードは、大手信販会社であるクレディセゾンが発行するクレジットカードです。

 

一般に、クレジットカードの審査はカードローンの審査ほどは厳しくはないと言われています。

 

これは、クレジットカードの主な利用目的はお金を借りることではなくショッピング目的だからだと思われます。ただし、クレジットカードでもキャッシング枠の大きいカードを作ろうとすると、難易度は上がります。

 

銀行カードローンの審査などでは、過去に一回の延滞記録があるだけで、どんなに年収が高くて安定収入があっても審査に落とされることがあるようですが、信販会社の審査は銀行ほどは厳しくないと言われています。

 

そのため、クレジット情報に1回や2回の延滞の記録があるだけならば、セゾンカードが作れる可能性はあります。

 

審査に絶対に落とされると思われる基準としては、5社以上から借り入れがある多重債務者や、過去に3ヶ月以上の延滞があったり債務整理をしたことがある人です。それ以外の人ならば、可能性があるのでチャレンジしてみる価値はあります。

このページの先頭へ